凝り固まった心に効きそうなブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

雷鳴の轟き

1月のワークショップの最中に起こったことですが、私があることを話し出すと、
晴れていた空がにわかに曇りだし、そして話し終わったとたんに雷が何度か音を
轟かせるという事がありました。

この時のワークショップに参加していらした方たちのブログやツイートでその時の
事を書いていらっしゃるのを読んで、私も当時を思い出して午前のブログに書き
記しています。

さて、普段は目には見えない存在についてですが、時にはその存在がいることを
私たちの目に見えるように知らせてくれることがあります。

見えない存在との繋がりを持つ術師たちは、それぞれの呼称というようなもの、例えば
記号とか番号などをお持ちになっているかと思います。
私の側でサポートを下さる存在は私にも51という数字をお渡し下さっていまして、、、
そして、その存在は私たちの身近にある物なんかを使って、時に“側にいるよ。”と
教えてくれます。

そういえば51といえば、こんなことがありました。
この写真を撮った子からは、ワークショップが終わって周りをみると51のライセンス
プレートの車5台、に囲まれていたと聞きました。
続いて、今回のワークショップで聞いた雷のとどろきという漢字では、、、
こちらは車3台、でした。

この見えない存在は車をお使いになって見せるのがお好きなのかもしれません。。








別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

最近の不思議な出来事

こういうのを読みたいと、ブログを楽しみにしていらっしゃる方がおありですので
今日は最近起こった不思議な出来事を書きます。

去年の12月に40代の女性がクラスを受けにいらっしゃいました。
この方、強い鎮痛剤を使っても痛みが取れないくらいの重症のヘルニアを患って、
酷い時にはほとんど動けない状態だったそうです。最低限の動きとして必要な
トイレに行くことさえ至難の業で、床を這ってトイレに行ってトイレを済ますまで
普段の何十倍という時間がかかっていたということでした。

クラス初日には、この方は杖をついてかろうじて歩けるというお具合でした。
それが2日目にはもう杖を手放し、5回目のクラスを終わった段階では普通に
歩けるほどに回復されていました。
それで頑張られたご褒美として差し上げた6回目のクラスでは、なんと
走れるほどになっていたと。。
ここまで回復されると、ヘルニアが仮病だったのではないかとそっちを疑いたくなる
人があるかもしれません。

では、気になるところ、クラスでどんなことをしたのか? 
ですが、実は、

私、身体が治るように何かをしたとか、全く心当たりがないのです。
クラス中にその方の身体に触れることもしませんでしたし、お薬とか、食べ物とか、
飲み物なんかも、何にもお出ししていませんでしたし。
他にも、手をかざしてエネルギーを送るとか、ヒーラーの方がおやりになるような
ことも全然していませんでした。

それなのに、この方はクラスを始めてから日に日にお元気になっていかれたのです。
その方の旦那様は、あまりの回復ぶりに、信じられないという表情でとても驚いて
いらっしゃたとお聞きしました。

かくいう私も、クラスが終わるたびにその方がお元気になる姿をすぐ側で見るわけ
ですから、クラスの度に驚いていました。

その方に働きかけたのはスピリットでしかありません。私は何もしていませんでしたから。
では何が起こったのか?というところですが、それは
HUNTER×HUNTER にネフェルピトーというのがいます。そのネフェルピトーの 
念能力で出てくるドクターブライスみたいな感じでスピリットが動いてくれている
みたいです。とお伝えしたらイメージしていただきやすいかもしれません。

3次元の世界では有り得ないようなことですが、2次元の漫画の世界とかでは普通に
有り得ていますので見えない世界の説明がしやすくて助かります。
これはアニメオタクのおたっきーに洗脳してもらっているおかげです。


































別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

むむ、

いつもと変わらず同じような流れで、祭壇でお祈りをしていた時のこと。
突然、何かの力に動かされて私は操り人形のように勝手に動き始めたのでした。
操り人形といっても糸につるされている人形感は全くなく、その動きはよどみなく
とてもなめらかでしたので、私はまるで、その動き方を知っていてやっているかの
ようでした。

そして何かの力に動かされながらも私は通常の意識状態下でいましたので、
自分でありながらも自分でないような不思議な感じとしか表しようのない感覚を
持ちながら自分が何をしているのか、客観的にそして冷静に見ることが出来ました。

動作のひとつひとつからは、『なぜここに?』と おもっていた類の謎が片っ端から解けて
いくのが目に見えて私は驚きながらありがたく、そして途中からは、身に過ぎて勿体ないと
いう気持ちと共に涙があふれ出てきました。

どのくらいそういう状態の中にいたのかわかりません。
呆然とした状態でその場所に座り込んでいる自分自身に気づいて我に返ったのでした。
念入りに周囲を見回してもいつもと変わらない朝の景色がそこにあるだけでした。 

むむ、今のあれは何だった?
 か幻か? 現実に有ったことかかったことか?







別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

宇宙が喜んでくれる時

大勢のみなさんと雄島を巡った時にも、
虹のシャワー
普段は見えない存在が姿を見せてくれました。

それから

一人でラインを通してライブワークショップを受けた子のところにも、
51
普段は見えない存在が姿を見せてくれました。
(写真には入りきらなかったそうですが、ワークショップが終わって周りを見ると
51のライセンスを付けた車、5台に囲まれていたそうです。)

こういう存在は普段は目に見えないのですが、信念を持って努力、継続をして
いる人のところへは特別なことをする時に、こんな風に姿を現してくれることが
ありますよ。

宇宙が喜んでくれるようなイベントをする時に、そういう存在は私たちの五感で
キャッチしやすいように何かを起こして知らせてくれることが多くあります。






別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ペルーのマーク

ペルーに一緒に行った旅人たちの中で最年少だった子とペルーの話で盛り上がって
電話を終えたのは五次元スクールの日の朝でした。
それから、五次元スクールに向かう途中でそれを見つけたそうです。

その最年少の旅人が、興奮気味に
「五次元スクールに行く途中で、こんなのを見つけました!」 と写真を送ってくれました。
この最年少の旅人は、普段は感情を大きく表すタイプの子ではありません。
そんな子がメールの報告からでもわかるほどテンション高く、写真を送ってくれましたので
いったいどんな写真が撮れたのかと、興味津々で見ましたら、、
見た目、地味ですが、蜘蛛の巣にまるでペルーのマークのように渦巻き模様が編み込ま
れているではありませんか!!
朝、ペルーのことを話したばかりでしたので、これを見た瞬間に私は派手に驚きました。

蜘蛛の巣

ペルーではグルグル渦巻き状のマークがたくさん使われているのを見ました。
この蜘蛛の巣の模様を見て、私はマチュピチュで登った山のてっぺんで、あのマークを
空に書いた時に、周りの霧状の空気が集まってカーテンのようになってゆっくりと、らせんを
描くように身体の周りを回りだした、あの時に瞬間移動した気分になりました。

あの日は、ペルーの遺跡を見るために、足場の悪い険しい山道を上がったり下がったり。
気が遠くなるほどそれを繰り返して、6時間ぶっ通しで歩きました。
途中、ワイナピチュという山のてっぺんにたどり着いた時に、あの時がやってきました。
不思議な空気のカーテンに包まれた時です。

ペルーのサイン
懐かしのペルーマークは旅人たちからプレゼントしていただいたパーカーから。

それにしても、ペルーマークさながらのこんな模様を作れる蜘蛛は器用ですね。
何時間か前に、電話でペルーのことを話したばかりでしたから、最年少の旅人は、
まだペルーの余韻に浸っていたところだったかもしれません。
そんな時に、ペルーマークを思わせる蜘蛛の巣を見つけたら、
そりゃ、テンション上がりますわ。
まさか、こんなところでペルーのマークを見るとは思いませんものね。

私たちがペルーを旅していた時には、空に浮かぶ雲がいろいろな形で私たちに
応えて見せてくれていましたが、今回は、クモはクモでも違うクモでした。
空の雲を使ったり、陸の蜘蛛を使ったりして、その存在を知らしめてくれたのは
パチャママというペルーの女神だと思います。
私たちがペルーの話で盛り上がっていたのをキャッチして、ここにいるよ。と
その存在を見せてくれたのでしょう。







別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
BACK | 凝り固まった心に効きそうなブログ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。