凝り固まった心に効きそうなブログ

チャネリングワークショップでのお約束

ワークショップは異次元のエネルギーをチャネリングした状態で行っています。
どういうことかといいますと、私ではない高次元の存在が私の中に入ってきて
私の身体を使ってみなさまにメッセージをお届けするというものです。

チャネリング状態のときにいつもの私の意識は私の身体から抜けているという
感じですから私の意識が身体に戻ってきたときに私の中に入っていた存在が
ワークショップで何をお話したか、をほとんど覚えていません。
この「私が覚えていない」というのがやっかいでハラハラさせられることが多々
あります。といいますのが、私でない存在がそのときに課題としてお伝えした
ことを真剣にお受けになられた方は忠実に守られて、
「お約束いただいた課題をやり終えました!」
と満足感いっぱいの笑顔で高次元状態でない私に課題をお渡しくださいます。
もちろん私は「おめでとうございます!」と笑顔いっぱいで受け取りますが、
内心“なんのことだろう???”とひやひやすることがあります。
それからあわててスタッフの方に、私はワークショップでどんなお約束をしたの?
と聞いてようやく意味がわかったり、ということも珍しくありません。

先々月のワークショップでの出来事ですが、ワークショップの最中にお一人づつと
お話する機会を設けていてそのお一人から考えすぎる癖があることにどう対処したら
いいでしょうか?という質問をいただきました。そうしましたら私ではない存在が
間髪入れずに「考え始めたら“考えない、考えない、考えない”と1日に500回書く、
それを21日間続けてください。そしたら考えてたことを忘れて考えすぎなくなる
から。それができたら電話でおめでとう!をお伝えします。」と言ったそうなんです。
それを実践されたその方は、はるばる日本から証拠のノートを携えてハワイまで来て
手渡しして下さいました。
ひたすら「書く」という作業がついつい考えて込んでしまうときの対処法のひとつと
してとっても効果があったと報告していただいたのはうれしかったです。

後日談として
ワークショップでの私は見たところは私だったのですが、違う次元の存在が私の身体を
使いその時に発せられた言葉でしたのでいつもの私はよく覚えていなかったのですが、
あのときのワークショップでお約束した通り「おめでとう電話」をさせていただきました
こともご報告させていただきます。

notebook

別窓 | Isis | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<深深と | 凝り固まった心に効きそうなブログ | スカイプ ワークショップ>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 凝り固まった心に効きそうなブログ |