凝り固まった心に効きそうなブログ

心構え

あちらの世界とこちらの世界とを繋ぐという橋渡し役に抜擢されますと
そのお役についている時には人間が持つ感情を入れてやりとりをすることは
許されないのです。ですから、やり取りをするお相手が仮に会いたくもないし
口も聞きたくないとかいう場合であったとしてもその気持ちは脇へ置いておか
なくてはなりません。そしてスピリットから送られてくるメッセージを間違いな
くお伝えすることを最優先としなければなりません。

それで私は普段の生活から感情の勢いだけで突っ走ってしまわないよう、気を
つけるように心がけています。
念には念を入れるというやり方をしておりますので時として、
「こここまでひどいことをした人に何もそこまで思いやる必要はないのでは?」 と
状況を知る周りのみなさん方に言わせてしまうことがあります。
周りのみなさんまで引き込んで煩わせてしまうことはとても心苦しいのですが、
それでも私は間違いなくスピリットからのメッセージだと確信するまでは突っ走ら
ないことを選んでおります。

そんな私の中に私ではない違う存在が入ってきてスピリットからのメッセージを
クライアントさんにお伝えする時、つまり橋渡し中ということですが、その時には
人間の感情が出ないように気をつけよう、などと意識するまでもなく自分の感情は
きれいに消されています。チャネリングはかたよりのないニュートラルな状態で
行われています。

あちらの世界のスピリットから送られてくる、間違いの無い絶対的なメッセージを
こちらの世界のみなさまに出来る限り正確にお伝えすることが橋渡しの私達の
お役目です。要となる繋ぎ役のところに私の感情なんてものがほんの一滴でも
入ってしまったらスピリットのメッセージにわずかでも狂いを生じさせてしまう
かもしれません。そんなことは想像するだけでも恐ろしすぎます。
自分の感情のブレのせいで絶対的なスピリットの示す方向を寸分でもずらして
しまうと、、、結果が違ってくるかもしれません。。たった1ミリの誤差が天国と
地獄ほどの差を生み出すことだってあり得るわけです。と思ったら怖くて怖くて
やってられません。

ですからチャネリングをするときに私は全てをスピリットに委ねております。
どういうことかと言いますと、私の中に入ってくる存在に私の全部を明け渡して
好きなようにお使い下さい。といった感じで全面的に降伏しているのです。

気持ちの持ちようでうまくいったり失敗したり、そういったご経験をされたことは
みまさまにおありでしょうから、良い結果を出すためには安定した気持ちを保つ
ことが重要な鍵となることはおわかりかと思います。




別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<失礼のないように | 凝り固まった心に効きそうなブログ | 生き物が現れたとき>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 凝り固まった心に効きそうなブログ |