凝り固まった心に効きそうなブログ

正当な対策 (午後のブログ編)

見えない世界ともやりとりをしている人たちは普通という生活をしている人たちと
比べると、不思議な現象に遭遇する機会がとても多いことだろうと思います。

ところが、よくありがちな受け取り方のパターンで言いますと、どんなにたくさんの
不思議な体験をみなさんに力説しても、他に同じような体験をした人がいないこと
には、そのお話の信用性というところでやや欠けて受け取られてしまいがちなわけ
ですね。あり得ないような不思議な出来事であればあるほど普通の社会にはなか
なか受け入れてはもらえません。

例えば、私がどこかで遭遇した不思議な体験をお伝えしたとしましょう。
お聞きになった方たちの大多数はそういう不思議体験をしたこともないし、
そういう体験をしたという人に会ったこともなければ見たことも聞いたこともない。
となると、お聞きになったみなさんは????のオンパレードとなるでしょう。
え?どういうこと?本当に?そんなことが?あり得るの?大げさじゃない?
作ってない?....... と、はてなマークがとめどなく出てくると思うのです。
その?が出た人たちは、そう簡単には本当のことだとは受け入れられないと
思います。

そんなところで→ ????オンパレードのみなさんに向かってですね、
「凄いのです!」 「本当にあったことなんです!」「うそじゃないです!」
「信じてください!」 などと力を入れていえば言うほど、みなさんは信じる
どころか反対に引いてしまわれるでしょう。
そして、そんなことをしていると、待ってました!とばかりに
「怪しいぃ。」 と、声を上げる人たちがうごめき出してきそうじゃ
ないですか?!
自分の知識や経験にないことを誰かから聞いたとして、よくわかっていない
ところに矢継ぎ早に、ホントです、絶対です、だから信じて!とか言われたら
私でもドン引きしてしまうと思います。そして私も言うと思いますよ。
怪しいぃ。」 って。

このパターンの流れをそろそろ変えたいと思いました。
それでその対策のひとつとして「凄い、凄い。」 ってあんまり言わないでください。
と機会があればみなさまにお伝えしております。ブログを書いておられるみな
さまには凄いと書くのは多くても2回までにしてください。そして書くなら理由も
つけて、と具体的なお伝えをもいたしました。
具現化は早くなっておりますのでそろそろ浸透していることかと思います。
そしてもう一つの対策としては
「結果を見せる。」 最強の信用を得るためにはこれが一番です。
結果を見せている人たちがその体験を伝えればいいだけのことです。
百聞は一見に如かず。というあれ、です。昔の人が教えてくれておりました。
百回聞くよりも、たった一度でも自分の目で見れば確かだと受け入れることが
できるというテクニックをフル使用モードにいたしました。

そういうことで、結果をお見せしているうちのひとりであります、わたくしも皆さまに
お伝えをしている今日この頃でございます。
こちらもそろそろ浸透してきている頃かと思います。


 







別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<生き物が現れたとき | 凝り固まった心に効きそうなブログ | 受け取り方>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 凝り固まった心に効きそうなブログ |