凝り固まった心に効きそうなブログ

チャネリング

目に見えない世界の存在と交信することをチャネリングと言います。
チャネリングをする状態になると、どうなるか? 
今日のブログではここにフォーカスして書いてみます。

目に見えない存在が私の意識や身体に入ってくると私は時間の感覚や今居る場所の
感覚とかが無くなります。そして今その場所で何をしているのかもわからなくなります。
自分の意識が無いところで何かを話している自分が見えたりすることもあります。
ときには人間が存在しないようなところに出かけていることもあるようです。残念ながら
その場所がどこなのかはわかりません。そういう場所は目に見える世界には在りま
せんから具体的に存在する場所の例を挙げてあんな感じのところだとお伝えできない
ところがもどかしいです。他には、身体が勝手に動きだすこともあります。そしてその
勝手に身体が動く 様子を客観的に見ている自分の存在に気づくこともあります。
どうも人間の意識の働かない状態になればなるほど深いところまで出かけているよう
です。そして深い世界の存在からメッセージを受けてこの3次元の世界に帰ってきます。
「どこに行ってきたのだろう?」とか考えたこともありましたが、どんなに考えても、というか、
むしろ考えれば考えるほどわけがわからなくなって疲れるだけとわかりましたので、もう
考えることはやめました。
その存在から受けるメッセージが絶対的なものだとわかっただけで十分なのです。
こういう状態で行っているチャネリングセッションでは、私は不思議な存在と交信をして
みなさまに必要なメッセージをお届けしております。

あと、チャネリングセッションをすると困ってしまう事が二つあります。
ひとつはチャネリング状態になると時間の感覚が無くなってしまいますので10分間の
電話セッションが時間通りに終わらず、時間をオーバーしてしまうことです。自分が
どこにいるのか、何をしているのかとかまでわからなくなりますので目の前にある時計を
見ることも忘れてしまうのです。チャネリングの状態から、はっと我に返って時計を見たら
10分を過ぎてしまってる、というのはよくあることです。時には5分後にセッションを予定
している方からの電話の呼び出し音を聞くまで意識が戻らない、ということもあります。
呼び出し音を聞くと私の意識は瞬時に現実に戻ります。そして人間の感覚で電話を終えて
そのまま人間の感覚で次の方からの電話を受けたと思ったら、すぐに意識がまたどこか
わからないところに飛んでいき、私はチャネリングの状態になるのです。
余談ですが、過去には、1秒たりとも息つく暇もないままで6人の方と話し続けたってことも
ありました。この時にはあっちの世界とこっちの世界を行ったりきたりを休みなく激しくしま
したので終了した時には目が回ったようでクラクラしてしまいました。
そしてもうひとつの困ることは、セッションが終わって電話を切った後、たった今、お話を
していた方がどなただったか思い出せないなんてこともあります。お名前でさえ思い出せ
ないのですからましてやその方とどんなお話しをしたかとか、、もう全く覚えていません。 
ですから、後で「あの時に言われたことですが、」 と切り出されたりすると、
「??私は何と言ってましたか?」 と変な応答をしてしまうことがあるのです。
これを書くと、リピーターのみなさまからは「そうそう。」という声が聞こえてきそうです。
スミマセン... 


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<レインボーマジック | 凝り固まった心に効きそうなブログ | そろそろですか、それともまだまだですか?>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 凝り固まった心に効きそうなブログ |