凝り固まった心に効きそうなブログ

奄美大島に決めた訳

2015年に奄美の旅をした時に次のティピの儀式は奄美大島で行うことに
なるかもしれないと、なんとなくの予感はありました。

それから私はそのまま、なんとなくの予感の状態でおりましたところ、
今年2016年に入って日本からのニュースで1月24日に奄美大島で雪が降ったと
聞きました。
一番寒い冬の季節でも平均最高気温が17度はあるという南国の地で雪が
降ったというのです。
奄美大島で雪が降ったという記録は過去にさかのぼって1901年2月にある
そうです。降雪はそのとき以来で実に151年ぶりだったということでした。
このニュースを聞いて、私はスピリットからのメッセージだとピンときました。

それで私は迷うことなく奄美大島でティピの儀式をする準備を始めようとして
いたところ、スピリットはさらなるメッセージを届けてくれたのでした。それは
ハワイ、アメリカにある日本の食材を扱う店から出している“ごちそうマガジン”と
いう無料雑誌からでした。
私はそこで買い物をし終えてお店から出ようとしたとき、出入り口においてある
マガジンラックが目に入り、何の気なしに何種類かある無料雑誌の1冊を手に
取って持ち帰っていました。その雑誌にはお店が開発した食品や調味料などの
紹介やそれらの材料を使って作る料理レシピとかが載っていました。

私がスピリットからのさらなるメッセージに気付いたのは買い物の翌日でした。
雑誌の内容をパラパラッと見た後のことでした。無造作にテーブルに置いた雑誌は
裏表紙が上になりました。ここで私の目はその裏表紙にくぎ付けになりました。
なぜなら裏表紙全体には鹿児島県の美しい景色を無人航空機ドローンから
撮影した写真の数々が全面を使って掲載してあったからです。
そしてそこに書いてある文字は鹿児島 本物、と それだけでした。

日本に47ある都道府県の中から鹿児島が選ばれて掲載されていたのです。
その雑誌は旅行雑誌ではありません。旅とは無縁と思われる雑誌の裏表紙
全体に鹿児島の写真がドーンと載せてあるのです。
鹿児島県のPR広告でしょうが、鹿児島県に遊びに来てください。とか書いて
あるのではなく 鹿児島 本物 とだけあったことにも驚きました。

シャーマン シダーサ先生に雑誌の裏表紙をお見せしてティピの儀式をしようと
している奄美大島は鹿児島県にあることをお伝えしましたら先生も「 Wow! 」
と驚いて 「スピリットは儀式をそこでするようにと伝えている。」とおっしゃいました。

こうしてスピリットから送られてきた多方面からのメッセージも受けて2016年の
ティピの儀式は奄美大島で行うことに決定したのでありました。


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 凝り固まった心に効きそうなブログ | NEXT