凝り固まった心に効きそうなブログ

チャネリングワークショップでのお約束

ワークショップは異次元のエネルギーをチャネリングした状態で行っています。
どういうことかといいますと、私ではない高次元の存在が私の中に入ってきて
私の身体を使ってみなさまにメッセージをお届けするというものです。

チャネリング状態のときにいつもの私の意識は私の身体から抜けているという
感じですから私の意識が身体に戻ってきたときに私の中に入っていた存在が
ワークショップで何をお話したか、をほとんど覚えていません。
この「私が覚えていない」というのがやっかいでハラハラさせられることが多々
あります。といいますのが、私でない存在がそのときに課題としてお伝えした
ことを真剣にお受けになられた方は忠実に守られて、
「お約束いただいた課題をやり終えました!」
と満足感いっぱいの笑顔で高次元状態でない私に課題をお渡しくださいます。
もちろん私は「おめでとうございます!」と笑顔いっぱいで受け取りますが、
内心“なんのことだろう???”とひやひやすることがあります。
それからあわててスタッフの方に、私はワークショップでどんなお約束をしたの?
と聞いてようやく意味がわかったり、ということも珍しくありません。

先々月のワークショップでの出来事ですが、ワークショップの最中にお一人づつと
お話する機会を設けていてそのお一人から考えすぎる癖があることにどう対処したら
いいでしょうか?という質問をいただきました。そうしましたら私ではない存在が
間髪入れずに「考え始めたら“考えない、考えない、考えない”と1日に500回書く、
それを21日間続けてください。そしたら考えてたことを忘れて考えすぎなくなる
から。それができたら電話でおめでとう!をお伝えします。」と言ったそうなんです。
それを実践されたその方は、はるばる日本から証拠のノートを携えてハワイまで来て
手渡しして下さいました。
ひたすら「書く」という作業がついつい考えて込んでしまうときの対処法のひとつと
してとっても効果があったと報告していただいたのはうれしかったです。

後日談として
ワークショップでの私は見たところは私だったのですが、違う次元の存在が私の身体を
使いその時に発せられた言葉でしたのでいつもの私はよく覚えていなかったのですが、
あのときのワークショップでお約束した通り「おめでとう電話」をさせていただきました
こともご報告させていただきます。

notebook

別窓 | Isis | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

シャーマン先生からのサプライズ

お告げモードとウチでいう、その『 時 』が訪れると、私はいつもの私では
なくなります。

私とは違う存在が身体に乗り移ってくるような感覚から始まり、その存在が
話し始めるといつもの私は私の身体の中にはいないように感じます。

その『 時 』にやってくる、その存在の名前は『メイリン』と」いいます。

メイリンがくるとシャーマン先生はすぐキャッチされますから、私に向かって
「Hi, メイリン!」と話しかけられます。

日本に滞在していた間にもメイリンが何度となく現れてきては私に手を貸して
くれたものでした。

今回、日本のツアーが終わって家に帰ってみると、シャーマン先生がサプライズ
プレゼントを用意して下さっていました。

前からずっと欲しいとおもっていた観音菩薩像です。
それを覚えていてくださったシャーマン先生が
私が日本で一生懸命やれたことへのご褒美にと手に入れてくださったそうです。

私はもちろん狂喜乱舞して大喜びいたしました。
それからしばらく日にちがたってから現れたメイリンも、とてもとても喜んで
気にいったと言っていました。

一生の宝物として大切にお祀りさせていただきます。

kuan yin





別窓 | Isis | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

人生の歩き方

バランス


人生という道の歩き方を考えてみました。

この道、なめてかかると大きな落とし穴にはまってしまいます。
あせって歩くとつまづいてしまいます。
なまけてその場に腰をおろしたままではゴールに到達することはできません。

この道は、人として生まれたからには歩き続けるものなんだと思います。
ですが、ただがむしゃらに歩けばいいというのではなくバランスを取りながら、
ときには休憩もしながら歩くことが大切なんだとおもいます。

歩き方のどこかに偏りが出てくるとバランスが崩れて前に進むことが
できなくなります。
偏りが出ると目標とするゴールに向かって進んでいるつもりが実は、同じ所を
ぐるぐる回ってしまうとか、進む角度が微妙に違ってきてゴールからずれて
しまいます。それどころか気付かないうちにゴールとは正反対の方向に進んで
しまっているかもしれません。

自分の望むゴールに向かって確実に進んで行きたいなら、先ずは自分自身の
軸となる心と身体のバランスをとることから始めることからだと思います。
この軸がぶれていてはバランスの取れた見方や考え方をすることは難しく
なります。
バランスの取れた見方や考え方ができないとゴールの方向がわからなくなって
進むべき道を見失ってしまうかもしれません。
または自分のゴールそのものが何なのかを見つけることすらできないかも
しれません。

人生という道を歩いていくためのキーワードは“バランスをとること”だと
おもうのであります。







別窓 | Isis | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

シツコイようですが、また!

アメリカンインディアンのホピ族の間では私たちのいる世界に存在する全てのものには
スピリットがあるとして、その全てにホピ族が信仰する精霊『カチーナ』が宿って
いると信じられています。
そして人間がそのカチーナに扮して踊ることで精霊が持つ力を得ることができるとも
されています。
それをカタチにしたものがカチーナドールと呼ばれる人形です。

スピリットの部屋にはホピ族のカチーナドールのいくつかも置いてあります。
ホピ族の人が心を込めて作った人形にさらにシャーマン シダーサがスピリットを
入れたものたちです。

さて、前置きが長くなりましたが
私が言いたかったのは、
「そのカチーナドールのひとつが動いたんです、しかも2回も!!」
ということでした。

P2281050.jpg

この人形、元々は棚の上に飾られていました。
ところが2週間ばかり前には部屋のちょうど真中あたりの床の上に降りてきていました。
そのときもびっくりしましたが、それからたいして間もあかないうちに今朝のこと、
部屋のドアを開けてすぐのところ、見ると私の足元すぐそこに、その人形がこちらを
向いて立っていたわけですから、またまたびっくりでした。

状況を把握するまでのしばらくの間は静止画面状態になっていたとおもいます。
それからたくさんの????がいつものように出てきました。が、
答えは出てきません。

確かなことは、あり得ないことがあり得るのがスピリットの世界、ということです。


別窓 | Isis | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

なぜ動く?

今年に入ってからパワースポットに置いてある石やスピリットの部屋に置いて
あるいろいろなものがやたら動いています。と書くと、また何か動いた?と
期待されるかもしれません。

面白いことに
そうです、“また動いたんです!”

今回動いたのは4つの石です。
写真向かって右2つのアメジストは角度が変わっていてその横の2つは石の切り口が
合わさるように向き合っていました。

stones


さて、どうしてここでは石やものが動くのでしょうか? 

それは、このパワースポットが本物だからということです。
そしてそこに置かれているそれぞれにはスピリットが宿っているということでも
あります。
何より、この場所はスピリットに守られているということを見せてくれています。

時にスピリットは好ましくないエネルギーをキャッチするとそれを知らせる
ためになにかを動かして知らせてくれることがあります。
たとえ私たちが眠っていようともスピリットは動き続けてくれているのです。

スピリットという、このうえない頼もしい存在が毎日24時間体制で守って
下さってるわけですからこれ以上の安心はありません。

別窓 | Isis | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 凝り固まった心に効きそうなブログ | NEXT